業務内容

パナソニックグループのロジスティクス戦略を支えています。

業務内容

輸出取引業務

日本国内で生産された製品や部材・資材の輸出業務全般、及び、最善ルートの物流コーディネートが主な仕事です。
当社では主に下記5つのカテゴリーの輸出手続きを行っております。

  1. 国内で生産された市販製品の輸出業務。
  2. パナソニックグループ内 海外事業場への資材輸出業務。
  3. パナソニックグループ外メーカー様の海外事業場への部材輸出業務。
  4. 補修部品(サービスパーツ)の輸出業務。
  5. オリンピックや展示会などのイベント関連輸出業務。

輸入取引業務

海外で生産された製品・部品・資材の日本輸入業務全般、及び、最善ルートの物流コーディネートが主な仕事です。
当社では主に下記2つのカテゴリーの輸入手続きを行っております。

  1. 海外で生産された日本国内向け市販製品の輸入業務。
  2. 日本国内パナソニック事業場へ部材や資材の輸入業務。

三国間取引業務

海外で生産された製品や部材を日本以外の第三国へ輸出する取引の貿易業務全般です。
実際に商品は海外相互間で移動しますが、お客様での輸入通関時書類作成は日本で行い、「仲介取引」とも言われます。

買取業務

輸出貨物の代金回収を銀行を介して行っており、必要書類の作成業務を行っております。
書類上、単語のスペル1文字の間違いも許されないので、細心の注意を払っています。

商品管理業務

輸出するまでの間に商品を保管する倉庫内での保管状態や個数を管理し、また、ルート変更の際には倉庫間移動の指示を出します。

貿易コンプライアンス

輸出入に関わるコンプライアンス専門組織を社内に設置し、パナソニックの輸出入コンプライアンス管理体制強化に努めています。

ロジソリューション

輸出入に関わるコスト削減などソリューション活動を実施しています。