沿革

1980年の設立以来、つねにグローバルな視点で発展してまいりました。

1980年9月
松貿フォワーディング株式会社設立
(海貨業者との合弁でパナソニック株式会社輸出関連業務を一元化、効率化)
1987年10月
合弁を解消
パナソニック株式会社100%出資会社となる
1989年
手形買取業務・船積書類作成・発送業務移管受入れ
1992年2月
松下トレーディングサービス株式会社へ社名変更
1996年
日本輸出・三国間船積手配業務移管受入れ
1998年
市販完成品(船積指図)業務移管受入れ
2000年
商品管理業務移管受入れ
2001年5月
大阪ビジネスパーク(OBP)MIDタワーに事務所移転
2002年
資材・部材 船積指図業務移管
2004年
・輸入業務移管受入れ
・ドメイン別(顧客別)組織体制スタート
2005年
コンプライアンス/ロジ企画部門設置
2006年
イベント物流(オリンピック・展示会等)業務移管受入れ
2006年4月
パナソニック トレーディングサービス ジャパン株式会社へ社名変更
2008年2月
大阪ビジネスパーク(OBP)パナソニックタワーに事務所移転
2012年
・パナソニック電工 グローバル貿易センターを統合
・旧グローバルロジ本部全社ロジソリューションセンター機能受け入れ
2014年4月
近鉄エクスプレスグループの会社となる。
社名を「近鉄・パナソニック トレーディングサービス株式会社」に変更。
2015年2月
通関業認可取得
2015年4月
通関業開始